JUNIOR RESIDENT 初期臨床研修

DOCTOR

有馬 文統

Fumitoh Arima

初期臨床研修委員会 委員長

主治医となるために

“臨床”における“Decision”は限りあるエビデンスと最新の情報、患者の容体、患者、家族の考えをまとめて行わなければなりません。
”Decision”を行うのは主治医であり、”Decision”を行う能力を身につけなければなりません。
言われた通り、与えられた通り研修するのでは無く、自身が“主治医”であるならば何が必要か、何が足りないか、そして何をなすべきかと自主的にとりくむ研修を支援していきたいと考えています。

ABOUT

研修概要と特色

研修医が、適切な指導環境の下で医師としての人格を涵養し、病める人を中心とした、
プライマリ・ケアをはじめとする診療能力(知識、態度・習慣、技能)を身につける。
ICLSコース年2~3回、九州大学・福岡大学教授専門研修会年2回開催。

患者さん中心の診療システムでの研修をします。

各診療科間の垣根がなく、コンサルテーションがしやすい環境です。これにより患者の全身を診ることができる横断的かつ全人的な医療を実践できます。
急性期病院である当院での患者さんの治療後も、コメディカルと協力し、地域の医療施設との連携や在宅療養等の環境づくりに関わることができます。

プライマリ・ケアの修練

当院は二次救急病院であり、救急外来で様々な症状をもつ数多くの患者さんの診療を経験することが可能です。
院内で定期的にICLS(Immediate Cardiac Life Support)コースを開催しており、突然の心停止に対するBLS(一次救命処置)とALS(二次救命処置)を習熟することができます。
気管内挿管や中心静脈ルート確保、全身管理などの習得のため麻酔科での研修も充実しています。
心臓エコーや腹部エコー検査等の基本的な手技や読影について修練することが出来ます。
循環器、消化器、呼吸器の各内科では急性期から慢性疾患まで多くの症例を経験します。これによりcommon diseaseへ対応する能力が身に付きます。

当院の高い専門性を活かした研修が可能です。

各学会の認定医、専門医、指導医である40余名の教育スタッフがチューター制のもと指導にあたります。
先進的な治療を、最新の医療機器を用いて行うチーム医療の一員として研修します。
内科、外科、放射線科合同のカンファレンス、臨床病理検討会(CPC)を定期的に行っています。

整った研修環境を提供しています。

インターネット環境を整備し、文献検索システムが利用できます。また、医学雑誌を備えた図書室も準備しています。
研修医による定期的な症例報告会を行っています。また学会活動や論文での症例報告を奨励しています。
論文の抄読会や、外国人講師による英会話教室を開催しています。

学会発表リスト

研修医の出身大学および研修後の進路

九州大学、福岡大学、久留米大学、熊本大学、佐賀大学、長崎大学、宮崎大学、鹿児島大学、産業医科大学、川崎医科大学、金沢医科大学、愛媛大学、福井大学、愛知医科大学、山口大学、兵庫医科大学

研修後の進路

RESERVE

見学会募集

VOICE

研修医の声